ウズマキさんちのレシピ

東京府中市の猫まみれセラピスト。緩めること癒すこと。

いざというときには、体に染み込んでいるものしか表現できない

UZUMAKI ナチュラルケアサロン

京王線府中駅、JR中央線武蔵小金井駅利用
花 サロンご予約 ⇒こちら 
花 ホームページ ⇒こちら
花 メールレッスン『心地よい暮らしのためのナチュラルケアの基本』
  ⇒こちら
花  お問い合わせ ⇒こちら
花 お電話 でんわ  09023335495

忙しく過ごした五月が終わりました。いつの間にか葉の色が濃く変わっていてはっとします。


私はレイキヒーリングというエネルギーワークをするのですが、師範である先生達から学ぶ機会が欲しいのと、今後さらにエネルギーワークの比重を上げていきたい考えから『レイキ実力検定』なるものを受験?してみたのです。
残念ながら、一次筆記試験で惜しいといわれながらも合格点には届かなかったのでまた半年後に受け直しになるのですが、そこでよーく気づいたことというのは。


いざというときには、体に染み込んでいるものしか表現できない


ということでした。いわゆる丸暗記ができない(苦手のレベルを越しています)タイプなので、完全に自分の言葉に置き換えて体に書き込むような勉強の仕方しかできない私にとっては、レイキに関して、ヒーリングに関しての理解度がもろわかりーな試験でした。丁寧に師範から直々の電話で減点理由を説明いただきふむふむ。点数が惜しかろうがなんだろうが、まだまだだったなあ。


ある事柄について説明するときに、
『薬草は植物だけれども、植物イコール薬草ではない』
みたいな。このニュアンスが頭では当然のように理解できていても、言葉でとっさに適当な説明ができるかどうかというのは、やっぱりどれだけ体に染み込んでいるかなのだろうな。






相手との会話の中で違和感を覚えるとき。それは自分と相手の認識の差を感じるときでもあります。同じような仕事をしていて、同じような志を持っている人であっても、その人の体に染み込んでいるものというのは私のそれとは必ず違うもの。それぞれの体に染み込んでいるものって、良いか悪いかは関係なく、やはりちょっとした行動や仕草や表情や意見に現れますね。



同じ職場の人の中にもこれだけの人がいます。例えば・・・

A.お給料のために仕事をしている人(その仕事が好き)
B.お給料のために仕事をしている人(その仕事が嫌い)
C.お給料のために仕事をしている人(お金を貯めてやりたいことがある)
D.お給料のために仕事をしている人(職場に好きな人がいる)
E.お給料のために仕事をしている人(ひまつぶし)
F.お給料のために仕事をしている人(家族を養う目的)



「お給料のためにこの仕事をしていますよ」という人でもいろんな思い(体に染み込んでい)を持っています。AさんからFさんそれぞれに「あなたのお仕事の魅力について話してもらえますか」とお願いしたときに、いったいそれぞれの方からどんな話が聞けるでしょうか。この場合は不正解や細かく減点というのはありませんけど、つまりはその人の体に染み込んでいる思いがほわっと滲むということです。



あなたが表面的にうまいこと覆い隠せていると思っていても、頭で「こうあるべきだ」と信じているとしても、いざというときには本音や本当の思いが見えるもの。それは残念ながら普段からすでにちらっちらっと見えてしまっていて、カンのいい人にはばれているよということ。
私が筆記試験で減点をもらった箇所は、『試験のために覚えておけばいいっしょ』と普段気にとめていなかった(正直に言うと・・・必要ないかなと思っていた)箇所がほとんどでした(わーごめんなさい(;´Д`))。一応理解はしていたし用語も覚えていたけれど、説明してみたら理解が浅かったしちょいちょいニュアンスが違っていたわけです。全問記述式の問題だとそういうのってばれてしまうんですよね恥ずかしい。






姿勢よく過ごすよう気をつけていてもふとした時にいつもの猫背に戻ってしまうように、私たちがもともと持っているもの(心の面、体の面ともに)をすっかり美しく装って生活するのって至難の業です。試験に合格したいしレイキへの理解を深めたい私の場合は別として、日常生活の中でこういう『無理・自己矛盾』と格闘している人はだんだんと、心か体の弱いほうから疲れや痛みとして自覚されます。



自分の中にある『自然』を認めること。何重にもきれいな包装紙でくるんだ中にある自分のそのままの心と体と。あなたの中にある美しい森も、荒れた沼地も、青々とした海も、枯れた大地も、みんな自然だよねそうだよねとまず自分が受け入れること。これができたら不健康なんてなくなるぞと思っています。




レイキヒーリングの試験に落ちて自分の浅い理解度がバレバレになってしまった一方で、感度は冴えわたっており調子が良いのです。先日もふと膝へのヒーリングと他の部位との関連にぴぴんと気付いたということがあって、頼りにしている娘に検証をお願いしたり(あるときから、気がついたら私のヒーリングを細かく感じ取ってくれるガイドになっていたのです。「おー喉のほうにあがってきたよー」という感じで実況してくれます。)、他の部位でも検証してみたり。我ながらぴぴんと気付くこの体感だけは人に自慢できるんじゃないかなと思っています。



話がとっ散らかりましたが最後に柄本明氏(俳優)の言葉を引用します。

人はね、

人の言う通りになんて動きませんよ。


例えば「そこからあそこまで物を動かして」

と言われたことだって、


それを実際にやる瞬間、

自分の肉体を通るわけだから

どうしたって己が出てしまう。


自我が出る。そことの闘い、

葛藤(かっとう)みたいなものはありますよね、

いくら台本のままでいいと思っていても。

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

小田急線梅ヶ丘のかわいい美容室でクレイパックエス

今月は6/27(火)

www.uzumaki-aroma.com

 

 

 

 サロンメニューを2017年3月に新しくしました。

グーグルマップで調べると駅から徒歩11分笑

www.uzumaki-aroma.com

 

 

 

UZUMAKI、無料メールレッスンやってるってよ。

www.reservestock.jp

 

UZUMAKIのLINE@ご登録ください♪

コメントや質問への反応もここが一番早い!(*´ω`*)

友だち追加数