読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウズマキさんちのレシピ

東京府中市の猫まみれセラピスト。緩めること癒すこと。

肌を傷めないお顔の拭き取り方♪フェイシャルクレイパック

UZUMAKI ナチュラルケアサロン

京王線府中駅、JR中央線武蔵小金井駅利用
花 サロンご予約 ⇒こちら 
花 ホームページ ⇒こちら
花 メールレッスン『心地よい暮らしのためのナチュラルケアの基本』
  ⇒こちら
花  お問い合わせ ⇒こちら
花 お電話 でんわ  09023335495

さて。前回の続きです。

uzumakiaroma.hatenablog.com




ジェイソン感たっぷりのクレイパックをしました。
使うクレイは今回60グラムにしましたが、実際やってみた方はわかると思います。


「意外と厚く塗るんだね・・・」


そうです。きっと皆さんが想像しているより厚くペーストを塗っています。この厚みがあるおかげでクレイが体と反応するんですよ。すぐにクレイが乾いてカピカピになるようだと、肌を傷めたり乾燥させてしまうのでご注意ください。


クレイを顔に乗せ終わってから15分。その間静かにゆったりと過ごします。私は自己ヒーリングをして過ごしたり、床に寝転んで湧いてくるインスピレーションと遊んだり?しています。


顔のクレイをはずすときはスパチュラを使います。顔の部分によってクレイの反応のしかたが違うので、最近の健康状態と照らし合わせながらペーストの具合をみてみます。



私の場合は眉間にもっとも反応が強くでるので、ペーストを乗せるときもそこからスタートさせます。今回も眉間のペーストはドロドロになっていました。
こういう反応がでるときは、自分はこんな状態・・・というのはだいたいわかっているのでそれを確認。


だいたいペーストをはずし終えたら、洗面所で顔を洗います。石けんなどは使わず水で洗い流していきます。
ぱちゃぱちゃ顔に水をかけてもクレイが落ちない場合が多いです。私のおすすめは「ハンドタオルを濡らして顔のクレイを拭き取る」方法です。顔をごしごしとこすりすぎないよう気をつけて、優しく拭き取ってください。


①ハンドタオルを濡らします。びっちょびちょ程度に。

②そのタオルを顔にあてて、ひっついているクレイを水分で柔らかくさせながらゆっくりと優しく拭き取ります。

③タオルを濯いで顔を拭いて・・・を数回繰り返します。


その後はお肌に水分補給です。お手持ちの化粧水などで仕上げてください。ちなみに私はハーブウォーターと植物油で仕上げます。最近はクロモジウォーターとアルガンオイルが定番。


クレイパック前後の比較です。




並べて比較します↓
f:id:uzumakiaroma:20160730154049j:plain

左がパック前、右が後。



あごまわりがすっきりしています。耳の下あたりからのラインがすっきりとしましたね。
写真では伝わりにくいですが、肌の柔らかさがアップして瑞々しく潤っています。



クレイパックをすると肌が乾燥すると聞いたことがありますが、クレイの種類や純度を知って正しい使い方をすれば乾燥するどころか潤いますね。


お顔のパックとはいえ反応は全身に及ぶので、だるさや眠気を感じる方も出てきます。水分を多く摂取して、体の反応に合わせてあげてください。


外したクレイペーストなのですが、くんくんと臭いを嗅いでみました。ペーストができあがったときのあの臭いは残ってはいますが、あの時とは全然違う臭いもする。なんだろう・・・。


金属の臭いでした。鉄棒の臭いのような金属の臭い。クレイが私の体と反応したことで、前後の臭いが変わったのがわかりました。こんなチェックもしてみるとおもしろいですよ。


これでクレイパックは終了ですが、おまけで「リンパケア」を行った結果を次の記事にまとめますね。


友達登録LINE@よろしくお願いします(*´ω`*)
友だち追加数