読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウズマキさんちのレシピ

東京府中市の猫まみれセラピスト。緩めること癒すこと。

訪問アロマ フットケアの重要性

UZUMAKI ナチュラルケアサロン

京王線府中駅、JR中央線武蔵小金井駅利用
花 サロンご予約 ⇒こちら 
花 ホームページ ⇒こちら
花 メールレッスン『心地よい暮らしのためのナチュラルケアの基本』
  ⇒こちら
花  お問い合わせ ⇒こちら
花 お電話 でんわ  09023335495

府中市内の高齢者施設グループホームへの訪問アロマに行ってきました。季節の空気を感じる温かい雰囲気の施設です。うかがったときには、大切に育てられているゼラニウムの鉢に咲いた真っ赤な花を眺めて、「ほらみて、素敵でしょう」と自慢げに話してくださる入居者さんが何人もいました。


アロマって本当にステキ!と思うのは、お互いスムーズに触れ合いを楽しめるところです。その香りが脳への刺激を通して穏やかな心を引き出し、タッチングとともによりしなやかな体作りをすることができる。なんとなくいい香りをつけているわけではない、ということをみなさんの変化が教えてくれます。




f:id:uzumakiaroma:20160715085410j:plain




安定した歩行をするためにまず整えたいのはやはり足です。毎日の体の使い方の積み重ねから、次第に歪みが出てきます。爪が曲がって伸びて隣の指に当たるのを避けたり、爪に厚みが出てきたために靴のつま先部分に違和感があってしっかりと踏み込めないなどの理由から、指を反らせて歩いたり、足の裏の一部を浮かせて立ったり、摺り足で歩いたり。こんなことの積み重ねからやがては腰や肩まわりへのアンバランスにも影響します。



知っていますか?爪は季節によって伸びる早さが変わります(。・ω・。)特に春先から夏にかけての暖かい時期はぐんぐん爪が伸び始めるので、いつものペース(間隔)で爪きりをしていると、爪が伸びすぎてしまうこともあります。これまでより少しマメに足の爪きりをして長さを整えてください。