ウズマキさんちのレシピ

東京府中市の猫まみれセラピスト。緩めること癒すこと。

マネジメントとは『誘われる』こと

季節の変わり目って、いろんなことに気づきます。あれ?涼しいぞ。暑い季節も終わりかあーなんて空を見れば、遠くまで抜けるような空の青色が。そうだ、こうやってまた季節が変わるのをもう40回経験してるわけかあ、なんて。ふわーっと飛んでくる匂いから、…

情緒 ~エモい身体~

私のワークのど真ん中にあるもの。 甲野義紀氏のからだの動きや野口整体での内観、森田真生氏の数学や音楽・リズム。 共通するところといえば『情緒』かなと思います。数学者の岡潔氏のいうこの『情緒』。思いっきり引き込まれます。 947夜『春宵十話』岡潔|…

家柄と育ちと容姿と肩書き。よい材料を選ぶために

最近ずっと考えているのは、「人にパワフルな影響を与えることができるものの基準ってなんだ?」です。身体の外の環境にあるすべてのものから私たちは影響を受けています。触れている空気、身につけている衣服、食べたもの。 人がより良く生きるためには、そ…

梅ヶ丘クレイパックエステ 身体が役割を全うできる環境づくり

毎月最終火曜日に開催しています『梅ヶ丘クレイパックエステ』。8月は29日でしたが、今回4名の方に来ていただきました。いつもありがとうございます(*'ω'*) 4月からスタートして、毎回来てくださる方のお肌の経過を見ていますが、「お肌自身に意識が芽生えて…

言葉のむこう、身体のむこう、かたちのむこう

私の名前は「ササキマユキ」といいますが、病院や役所で名前を呼ばれるときに「マユミ」さん、「マユコ」さんなどと呼ばれるのは珍しいことではありません。間違ってはいるけれど、私を呼びたかったことに違いはないので、指摘もしないし素直にはいと答えま…

『自分』という広がりについて

「数学とは性格に間違えられること」とは、独立研究者で数学をテーマに研究・講演活動をしている森田真生氏の言葉。彼の新刊はまさかの絵本。 この絵本、やたらと文字数多いなーと思ったら、出版社側提案の倍以上の文字数で森田氏が文を書いたらしい。さすが…

群青

いま私が『これが世界!』って感じているものって、あくまでもヒト基準なわけです。大きい家ですねといっても、そこに住むのが象だったら玄関からすでに入れないかも。人にとっては大きくても象にとっては小さい家なのです。 駆除すべき憎きゴキブリとはヒト…

空気の海の中で生きる

先日フェイスブックにこんな投稿をしました。 水の中で生きている魚からしたら、人って苦しそうに見えるんだろうなと(息子のテスト勉強を大いに邪魔していることについてはご容赦ください)。よくまあ水から出たまま長いこと過ごせるわねえ。あれじゃエラが…

知識と知恵と体感と

知りたい、知りたい。 かつてはこの衝動を『知識(データ)』をひたすら集めることで満たせるんだと思っていました。 世の中には正解と呼ばれるものがあって、それを見つけて『知識(データ)』として蓄える。あらゆる分野の正解データを集めれば私は納得す…

古武術から学ぶしなやかな生き方~相手の力に抗わない~

古武術の動作から感じることは、施術において健康を考えるための大事なベースであり、そのまま私のテラピーのあり方、ひいては理想とする生き方にも通じる所があるのです。 だからこそ、この存在を知ったときにびびっときた(正確には号泣しました笑)のだろ…

瞬時に変わることができる時代

私が興味を持っていることのひとつに、『古武術』があります。 明治維新以前にあった、主に戦闘を前提にした実践武術のことを言うようです。私の中では、『型を基本として体系化された現代武道ではないもの』という意味で捉えています。 ※偉そうに言っていま…

クレイペーストを置くときの厚みは

子どもが中学生くらいになると、コミュニケーションがくっつきたいのか離れたいのかわからない 感じになるんですね。 わざわざ「おいばばあ」と言いながら近づいてきて「夜ごはんのメニューはなんだ?」と乱暴に聞いてくる。鶏の唐揚げ以外の返答だと文句が…

~ホームケアで完璧な結果がでなくて納得できないかたへ~『からだをマネジメント』する

先日、急いでいるときに息子にクレイを使ったケアをしました。そのときのことは前回のブログにまとめています。 uzumakiaroma.hatenablog.com 翌日にも同じようにケアをしました。息子の主張は「こんなことしたって痒いのがなくならないじゃないか」というも…

息子の虫さされにクレイを使う

昨日のことです。夕方から出かける用事があって、慌てて夕食を作りさて行こうかーとなったところで。すでに帰宅していた息子が「母ちゃん痒い。なにかしてくれないと掻きまくって血だらけにしそうなくらい痒い」と脅迫まがいに訴えてきたので、急遽5分だけな…

いざというときには、体に染み込んでいるものしか表現できない

忙しく過ごした五月が終わりました。いつの間にか葉の色が濃く変わっていてはっとします。 私はレイキヒーリングというエネルギーワークをするのですが、師範である先生達から学ぶ機会が欲しいのと、今後さらにエネルギーワークの比重を上げていきたい考えか…

美しさと健康はおんなじ線の上

今回一番言いたいことを先に言ってしまいますが、私はこんなふうに考えています。 美しさと健康はおんなじ線の上にある 私が思う美しさっていうのは、「そうやって年を取っていくって素敵だねえ」と感じる仕草や佇まいだったり、その人の内面のきらきらが溢…

一個のシミよりも

セラピストです。サロンで施術してます。アロマやクレイを使います。こういった自己紹介をすると『美に関わる仕事をしている』と思われがちなのですが、むしろそれは私にとって苦手な分野だったりします。 お化粧も最低限だし、ネイルやマツエクはしたことが…

『間』のはなし

1と2の間にあるもの 好きと嫌いの間にあるもの イエスとノーの間にあるもの 朝と夜の間にあるもの 春と夏の間にあるもの 白と黒の間にあるもの 善と悪の間にあるもの 正と誤の間にあるもの 快と不快の間にあるもの 健康と不健康の間にあるもの すっぱり分…

『化学的に証明されている』ものを疑う目。精油への理解を深めるために必要なスタンスとは

このブログに付き合ってくれている優しい方々はもれなくご存じでしょうけれど、私はとにもかくにも理屈が大好き、考えるのが大好きなんですね。 風はどこから吹いてくるの?的な自然に関する疑問から、なぜこの人はいまこんな話題を振ってくるんだろうという…

『わからない不安』の克服法

独立研究者の森田真生先生と武術研究者の甲野義紀先生。とても興味あるお二人の対談!たまらなかったー。 数学から身体や精神を捉える森田真生氏と武術と向き合う中で身体と精神本質を捉えようとする甲野義紀氏の対談を聞いてきました。 そこで森田氏が言っ…

安心できる場所・ひと・ゆらぎ・呼吸

先日、イベントに参加してきまして。きやっきゃ楽しんできました(*´ω`*) させていただいたのはリンパケア施術です。ふわふわのソファーに座ってもらったり立ち上がってもらったり。体にとってより気持ちよいバランスを感じとるきっかけになればいいなと思い…

大量に取り込んでいながらも常に不足している

春らしい天気になりました。せっかくだからお花見でもーという気にならないのがもったいないのですが、貴重な時間を今はここに充てたいのです。久々のブログ更新。 クレイテラピー。粘度療法ともいわれる、クレイ(粘土)を使った健康法があります。地球活動…

体(や心)のトラブルから抜け出すヒントに

気持ちよい天気です。暖かくなってきて、薄着で歩く人を多く見かけるようになりました。 一方で今はデトックスの時期。体調がいまいちな人も多いでしょう。アレルギー体質の私は、この時期に至るまでの過ごし方で体調が決まるというか。花粉症ですが花粉の飛…

高齢者のフットケアと心の変化と

昨日は定期的に伺っているグループホームへ訪問してきました。入居者さんひとりひとりの心身の変化を感じながらフットケア(アロマトリートメントと爪角質ケア)をしていますが、個人の変化と合わせて、施設全体の変化というかうねりみたいなものを感じます…

自分が設定している「正解ゾーン」

昨日の記事の補足です。 思いのままブログを書くためにパソコンの前にいられる時間(*´ω`*)嬉しくって連投しています。 もちろん読んでくれる人に向けたメッセージではあるけれど、実際にどんなことを記事から感じているのかを知ることはなかなかできなくて…

改善した『気分』になりたい(・・?

1カ月間、脱走していたネコが帰ってきて、久々に平和な空気が漂う我が家。 すぽっと無くなった体の一部が戻ってきたような感じがします(´ω`*) ふががっ。ぶきっちょな毛繕いするね。 ある日の娘との会話です。 娘「なんかさあ、おかあちゃんにやってもらう…

クレイとアロマを使った花粉症ケア

へあぁぁーっくしょん! 数年前に花粉症デビューした私ですが、花粉の飛散量に関係なく症状が軽い年・重い年とありまして、今年は激重。先週は3年ぶりにかかりつけの病院へ(花粉症とは別件で。3年ぶりの時点でお医者さんからも忘れられてそうだけど)行きお…

若さを求める心の裏側は・・・

勉強会に参加してきました。形成外科医の天海恵子先生による「プチ整形」のリスクとメリット。それから愛媛で漢方薬局をされており、ご自身で化粧品の開発も行っている稲井孝至先生による「望診法」。 小松和子先生のアトリエで。なんて素敵な空間☆ 人の外見…

「足りないものを補う」以外の発想~新しいバランスへ移行するときに必要なもの~

前回記事の続きです。 まだお読みでない方はいったん読んでからまた戻ってきてくださいね。 uzumakiaroma.hatenablog.com 両手に荷物を持っている。それを運びたい。でもそれを果たせないあら困ったというときに、自分に足りないもの(体力や筋力)を補わな…

「足りないものを補う」以外の発想~いつだって最善のバランス~

年度末へ向かうこの時期、一年間のまとめに取り組んでいる人や新しい生活の準備中の人など「春からはこんな自分で」というイメージを持って期待している人が多いころだと思います。ちょうど季節も寒く厳しいときからふんわりとした暖かい時期へ移行するとこ…