読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウズマキさんちのレシピ

東京府中市の猫まみれセラピスト。緩めること癒すこと。

自分が設定している「正解ゾーン」

つれづれ

昨日の記事の補足です。

思いのままブログを書くためにパソコンの前にいられる時間(*´ω`*)嬉しくって連投しています。

もちろん読んでくれる人に向けたメッセージではあるけれど、実際にどんなことを記事から感じているのかを知ることはなかなかできなくて。闇に向かって石を投げるような気持ちになることも少なくないわけで(不定期更新だから読む側に優しくないこちらに非があるのはよくわかってます(;´Д`))なのでコメントをくださるかた、感想は本当にありがたいです。

 

 

 読んだら戻ってきてくださいね♪

uzumakiaroma.hatenablog.com

 

 

この記事の娘の気持ちはわかるんですよ。それってどういうことかというと、

 

『自分が設定した「正解ゾーン」から外れたところにある正解を受け入れられない、気づかない』

 

なのです。

 

 

 

たとえば親子間だったり、夫婦間だったりで『愛されていると実感したい』気持ちっって必ずありますよね。それが叶わないと悲しくなったり怒りの気持ちが湧いてきたりするわけですけど、この時の『愛されてる』っていうのは、当事者のなかで勝手に『毎日好きよって言ってくれること、これが私にとっての愛されてると実感できることの正解』とゾーンをかなり狭く決めてしまっていて、そこに当てはまらない愛情表現に気付かなかったり、受け入れられなかったりというのが起きているわけです。

 

 

 

本当は、毎日私が作る食事を夫が残さずに食べてくれることや、私が機嫌が悪いと察知してそっと「今日は外食にしますか(敬語)」と提案してくれること(いつの間にか私の話になってますが)もすてきな愛情表現なわけで。それを「彼が無言で食べている、おいしいと言ってくれない(だから愛されてない)」「すぐに外食にしようと言いだすなんて、私が普段食事を作ることを彼は大事だと思ってないのね(だから愛されてない)」とつまり私にとっての『愛されてるという範囲』から外れてしまっているだけで、傍からみたらあなただんなさんから十分愛されてますよーということに当事者はなかなか気づかないし認めたくない、ということ。うーん、認めたくないな(笑)

 

 

 

これと全く同じことが、揉まずに体をゆるめる手技にも言えるのです。当事者の頭の中には『ガンガン揉んで叩いて痛いくらいの施術を受けるのが体をラクにする正解』というゾーンが決まっているために、そこから外れた答えを提示されても、結果としてからだがラクになったとしても、受け入れられない気づかないということが起こる。

 

 

 

かくいう私も、自然のもので体が良くなるという強い正解ゾーンを持っていることを自覚しているので(笑)なるべくフラットな目線でありたいと意識しつつも、それを立証するため、「やっぱり私の思いが正しい!」証拠を見つけることに必死なわけです(;´Д`)

 

 

 

自分が決めている正解ゾーンに合致するものを探して、その範囲で見つかる答えで納得したい。「スマホ 便利」って検索するか「スマホ 不便」って検索するかで結果は全然違うからね。最初からほしい答えをみんな内に持っていると。

体がラクになったかどうかと、自分の正解ゾーンが合致していれば「そうそうこれで良し」となるし、体がラクになったきっかけで新しい正解ゾーンが突如生まれると「これはすごい!感動しました!」になる。体がラクになっても正解ゾーンから大きく外れていることが気になってしまうと「ごにょごにょ・・・」となるということ。

 

https://www.instagram.com/p/BRWuLTVBYvX/

棚の上でふがふがしてたので、かわいいねーって近づいたら襲われました。#ねこ部

 

 

 

 

 私の施術を体験していただける機会が3/27(月)に東京都府中市のkotocafeで開催される『kotocafeマルシェ』。ここに出張施術で出店します。

事前予約も受け付けています。詳細はホームページをご覧ください。

www.uzumaki-aroma.com

 

 

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

UZUMAKI、無料メールレッスンやってるってよ。

www.reservestock.jp

 

UZUMAKIのLINE@ご登録ください♪

コメントや質問がしやすいと評判です。私も楽しい(*´ω`*)

友だち追加数

 

改善した『気分』になりたい(・・?

つれづれ

1カ月間、脱走していたネコが帰ってきて、久々に平和な空気が漂う我が家。

すぽっと無くなった体の一部が戻ってきたような感じがします(´ω`*)

https://www.instagram.com/p/BRMlK5khbFz/

ふががっ。ぶきっちょな毛繕いするね。

 

 

ある日の娘との会話です。

 

 

娘「なんかさあ、おかあちゃんにやってもらうとさあ、肩とかラクだし動きやすくなるんだけどさあ、なんかさあ」

 

 

私「(なんかさあばっかで聞きづらいな・・・)」

 

 

娘「なんかさあ、こう、グイグイってやってもらったらいいなって思うじゃん」

 

 

私「ん?強くもんだほうがラクになるの?」

 

 

娘「いや・・・そうじゃないんだけど、かあちゃんのがラクになるんだけど、でもなんかさ、グイグイってやってもらうとやった気分になるんだよね」

 

 

私「あのさ・・・。言ってることがめちゃくちゃなんだけども。やった気分になりたいだけなの?ラクになるほうはどっちなの?」

 

 

娘「いやあ、そのお・・・ごによごにょごにょ・・・」

 

 

私自身は、残念ながら揉み返しで2・3日体が使い物にならなくなってしまうタイプなので、娘の言うことがわかるようでわからないのです。

 

 

自分の体感を信じて考えると、やみくもに肩をもむ行為って、筋肉の走行を無視して組織を壊すことなのではないか、その修復作業をせっせとしているのがつまり揉み返しで、やっと壊れた筋肉や組織が回復しても修復痕というかつなぎ目のようなものによって組織のしなやかさが失われていくのではないか。

 

 

体の組織の循環不良として、老廃物がある個所に溜まって排出しづらい状況がある。それがこりとか痛み、あるいは皮膚に目に見える形で炎症として起こるなら、その『詰まってる・滞ってる』環境に対していかに動きをもたらすか、自然な流れを作るかっていうのを考えるのが普通だろうなあと。

 

 

よくたとえ話として『悪い空気がこもっている部屋』を挙げるのだけど、部屋をぶんぶんがちゃがちゃ振り回したり(実際にはできないことだけどね)、部屋をひしゃげてみたり潰してみたりしたら、中の悪い空気は多少出ていくだろうけどもう部屋の中はぐっちゃぐちゃに家具やら道具やらが壊れて散らばって、壁はこわれるわ窓は外れるわで片付けが大変だろうと思うのです。

 

 

 

悪い空気がこもっているならまず窓を開けるでしょう。空気の通り道さえ作ることができれば放っておいても自然と空気は流れていくんですよ。

窓が開けにくいのならそれを手伝うし、もっと効率よくサーキュレーターみたいなのを導入したいのなら相談にのる。私がしたいのはそういうことなのですが地味なんだろうか。派手に部屋をぶっ壊されたほうが納得するんだろうか。

 

 

 

 その、地味な施術を体験できる機会が3/27(月)に東京都府中市のkotocafeで開催される『kotocafeマルシェ』。ここに出張施術で出店します。

事前予約も受け付けています。詳細はホームページをご覧ください。

www.uzumaki-aroma.com

 

 

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

UZUMAKI、無料メールレッスンやってるってよ。

www.reservestock.jp

 

UZUMAKIのLINE@ご登録ください♪

コメントや質問がしやすいと評判です。私も楽しい(*´ω`*)

友だち追加数